リフォーム

福屋工務店では不動産のあらゆる分野に関わってきた。
一戸建てだけでなく、マンションや中古物件にも関わったが、近年はリフォームにも力を入れている。

リフォームはエコという観点でも地球に貢献している。
近年は持続可能な物質を使うことや、使えるものはできるだけ利用するという認識が高まっている。
このため、古くなった建物でも、建替よりもリフォームを選ぶ人は多い。
リフォームは建物の構造を作り替え、新しくすることもできる。
福屋工務店では様々な建設に関わってきた経験を活かし、リフォームでも顧客の満足のいく結果を生み出すことができる。

買い手を見付ける

福屋工務店が扱う不動産には、中古の物件もある。
不動産は住居としても扱われるが、投資物件としても扱われる。
一戸建て建築は長く住むことを目的に建設されるものではあるが、時にはどうしても手放さなければならなくなるときもある。
こうした場合に売却のお手伝いをするのも福屋工務店の仕事の一つである。

中古の物件の買い手を募集するにはタイミングと情報の拡散が重要である。
このため、多くの人の目に届くような情報拡散ネットワークを持っている福屋工務店ではそのお手伝いが十分に出来るといえる。

建設

住居用に一戸建ての不動産を持つことは日本人の多くにとっての夢である。
その夢の叶え方には方法が2つあり、福屋工務店では一戸建て住宅の建設も行っているので、要望に合わせた建設が可能である。

一つには建売で建設する場合である。
建売のメリットとしては、建設費用を抑えられる点がある。

一戸建てを建設するには土地を購入するなど様々な要素があるので、注文者は多くの要素を決定する必要に迫られる。
建設には多額の費用がかかるため、できるだけこうした決定事項を少なくし、あらかじめ決まったものを選べば、費用を安くすることができる。
建売はデザイン、建材などがあらかじめ決まっているので、費用が安く済むという点が利点である。

福屋工務店では建売のデザインも多く用意されており、必ず顧客のニーズに応えられるプランを揃えている。

納得の行く設計

一戸建て不動産を所有するもう一つの方法といえば、注文住宅で注文する方法である。
福屋工務店では注文住宅を注文するための方法を揃えている。

不動産や動産は、代々受け継がれるものでもある。
注文住宅ではこうした受け継いだ土地に建築物を建てるのには柔軟性がある方法である。
建売はデザインが決まっているため、決まった大きさと形の土地に建てることになる。
しかし、土地によっては三角な場所や細長い場所などその形は様々である。

こうした土地にどのような住宅を建てたいのか、顧客の要望を徹底的に聞き出し、納得の行く設計をするのが福屋工務店の仕事である。

不動産の相談

高度経済成長期の建設ラッシュにより、多くの人が持ち家を持つことを夢とした。
都会の住居の需要は今でも続いている。
このため、都会の不動産の値段は年々高まりを見せており、投資用として購入し、運営する人もいる。

もともと不動産を所有している人にとってはこれは有益な収益物件となる。
福屋工務店ではこうした収益物件に空き家が出た場合の対策も請け負っている。
豊富な顧客データや全国に散らばる支店から集めた情報により、必ず借り手や買い手を見付ける事ができるというのも福屋工務店の強みである。
一戸建てやマンション、アパートなどなんでも扱っているので、不動産関係での相談ができる。

高度経済成長期

高度経済成長期には建設ラッシュが起こった。
多くの人が工業に関わることになり、都会に人が集まるようになったのである。
このため、急激に住居の需要が都会に集まるようになり、建設ラッシュが起こったのである。

福屋工務店もこうした住居や集合住宅の建設に関わった。
この当時の不動産で未だに建築部分が残っているものもあるが、大体が狭小な住宅となっている。
一戸建ての場合は特に顕著で、東京の下町にはこうした狭小な一戸建てがひしめき合って建っている。